お問い合わせはこちらへ

Mail:

経営情報(税・受動喫煙対策等)

国税

地方税

各地方公共団体のホームページをご覧ください。

マイナンバー(社会保障・税番号制度)

マイナンバー(社会保障・税番号制度)(内閣官房ホームページ)

生産性・収益力向上

生産性・収益力向上の取組事例集(厚生労働省ホームページ)

受動喫煙対策

 受動喫煙対策(厚生労働省ホームページ)
   受動喫煙対策(鹿児島県ホームページ)
 受動喫煙対策(鹿児島市ホームページ)

◆2種類の対策助成金について
 ・受動喫煙防止対策助成金(黄色いパンフレット)については、099-223-8446(鹿児島県労働局)へ。

自分は喫煙しないのに、望まない受動喫煙のために毎年約1万5千人の方が死亡しているとのことです(←厚労省HP参考資料)。その対策として健康増進法が改正され、2020年4月から原則屋内禁煙が義務化されました。飲食店や喫茶店なども対応が必要となります。

煙草を吸う人、吸わない人がそれぞれ気がねなく安心して利用できる店舗にします。
客室面積が100平方メートル以下の既存飲食店には次の特例措置があります。

望まない受動喫煙を防止するために、営業者の皆さまは店舗を次のどれにするのかを決めてください。
 ①禁煙、②喫煙、③分煙
喫煙可の施設(②と③)にはお客様がわかるように「標識」の掲示が必要です。
また、喫煙可の施設(②と③)は「喫煙可能室設置施設 届出書」を保健所に提出する必要があります。

・喫煙可の施設にしたら、20歳未満の人は従業員も含め、立ち入らせてはいけません。
・分煙にする場合は、専用の喫煙室を設置する必要があります。喫煙エリアから禁煙エリアに煙が来ないよう、風速等の規定があります。
・喫煙可のお店に子ども連れの方が入店しようとした場合は施設管理者等は入店させないようにします。

参考までに、「禁煙」を選択された施設が県や市のホームページで紹介されていますのでリンクします。(図をクリック)

 

 


◆喫煙OKの掲載希望店は当指導センターに御連絡ください。

 

生衛業の税制

全国センターパンフレット「生衛業の税制」

令和元年12月版